LTE・Wi-fiの比較ランキング。イーモバイルMVNOプロバイダやソフトバンク等のキャンペーンや料金を比較。最終更新日: 2017-04-04


LTE料金比較表LTE端末比較表

LTE比較ランキング【最安の料金・キャンペーン・端末を比較】 > LTEとWiMAXの違い・比較【料金やエリア、通信速度制限を比較】

LTEとWiMAXの違いとは?

高速モバイルの中でも現在の2大勢力とされるLTEとWiMAX。2012年、2013年にかけてスマートフォン向けの通信手段としてLTEが主流で人気です。パソコンなどでネット利用するためのデータ通信ということでみればWiMAXのほうが人気が高いです。しかし、これからはWiMAXよりもLTEのほうが伸びてくる可能性はあります。

ここでは、 LTEとWiMAXについて、どういった違い・異なる点があるのか、通信速度、エリア、料金・価格、通信速度制限(帯域制限)などあらゆる面で比較していきます。 WiMAXにしようかLTEにしようか悩んでおられる方は確認してみてください。

WiMAXとLTEの比較

下記はドコモ、AU、ソフトバンク、wワイモバイル(旧イーモバイル)でLTEを比較した項目に沿って、通信速度、対応エリア(実人口カバー率/政令指定都市カバー率)、料金、帯域制限(速度制限)及び速度制限解除料金について比較した表になります。さらに、記載していませんが、WiMAX2+が2013年10月31日からサービス開始されており、WiMAX2+は高速通信で他社を圧倒しています。WiMAX2+についてはWiMAX2+の特徴をご覧ください

比較表

LTEキャリア WiMAX
(WiMAX2+)
ワイモバイル AU by KDDI Softbank NTT Docomo
ワイマックス Y!Mobile LTE 4G LTE 4G LTE LTE Xi
通信速度(下り/上り) 40Mbps/15.4Mbps
(110Mbps/10Mbps)
75Mbps/25Mbps 75Mbps/25Mbps 75Mbps/25Mbps 100Mbps/37.5Mbps 
エリア・実人口カバー率 94% - 96%
91%
75%
政令指定都市人口カバー率 99%
99%
- - 100%
月額料金 2,856円~ 2,856円~ 4,820円~
※MNP,女子割り利用
5,775円~
※MNP割引利用
4,505円~
※Xiスマホ購入
速度制限 -
(WiMAX2+は利用開始2年は無し) 
7GB 7GB 7GB 7GB
速度制限解除料 -
- 2,625円
2GBごと
2,625円
2GBごと
2,625円
2GBごと


※表記の金額は5%税込み価格です

WiMAXとLTEの大きな違いとは?

上記の表を確認していただけると分かりますが、一番大きな違いはWiMAXには速度制限が無いということです。2013年末から始まったWiMAX2+については従来の速度制限の無いWiMAXが利用できる点に加え、WiMAX2+の高速通信が可能になっています。初心者には難しいかもしれませんが、この通信量の制限による速度制限は意外と大きな違いで毎日たくさんインターネット接続をして動画やゲームなど、かなりインターネットを使うという方は速度制限規制がかかって、その制限容量をオーバーすると通信速度が激減してしまいます。その制限を解くためにはその月の通信を控えて翌月まで待つか、お金を払って(2500円程度)制限を解除してもらうかしなければなりません。その点、WiMAXにはそういった速度制限はありません。今後も制限が導入されることは無いようです。

高速モバイルインターネットとしてのパソコンやスマートフォンを自宅や外出先・屋外でインターネット接続するという点についてはWiMAXもLTEも違いはありません。

他にもいくつか違いがありますのでまとめて確認しておきます。

・通信速度はWiMAXよりもLTEのほうが速い
(ただし、WiMAX2+は通信速度はLTEより若干速い)
・WiMAXは速度制限が無い
(イーモバイルLTEは2013年より速度制限が開始される)
・通信エリアはイーモバイルLTEと互角。WiMAXのサービスエリア範囲は十分で、一部のLTEよりも範囲は広い

他にもあげるとすれば実はWiMAXのほうがキャンペーン(キャッシュバックなどの特典)が充実しています。正直、LTE関係のキャンペーンはまだまだこれからというところでしょう。速度が気にならないのであればWiMAXも検討の余地は十分あります。WiMAXの比較についてはWiMAX比較サイトをご覧ください。

WiMAX2+とLTEはどう違う?

2013年10月31日にサービス開始された次世代の超高速通信のWiMAX2+とLTEとで何が異なるかというと、やはり速度の面ではWiMAX2+の110MbpsということでWiMAX2+のほうが速いということになります。今後もWiMAX2+は220Mbps、1Gbpsと高速化を進めるのでLTEは一歩置いていかれている感はありますね。料金も既存のWiMAXと変わらないのでお得感もあります。

結局、WiMAXとLTEどちらがおすすめか?

上記したように、通信速度はLTEのほうが上、ただし、他の分野ではWiMAXに分があるというのが現実です。 特に速度制限がWiMAXには無いという点はかなりメリットが大きいです。さらに、WiMAXはキャッシュバックなどかなり充実しており、新規の利用者は始めやすい料金設定、コストパフォーマンスは非常に良いです。


結論として、

accept.png通信速度の速さを求める方(動画やインターネットを介したゲームなどの大容量の通信を行いたい方)は、LTEをおすすめします。LTEプロバイダの中では最安値級の月額2,743円の Yahoo! WiFi がおすすめです。

ただし、

速度制限が気になる方、料金を抑えて安いプランを検討している方はWiMAX2+(従来の速度制限の無いWiMAXも使えます)がおすすめです。特にWiMAX2+の中ではキャッシュバックが高額で、サポート面も充実している BIGLOBE WiMAX2+ が一番おすすめです。

ページの先頭へ

New_Icon_rd_01.png今月注目のLTEはコレ!

LTEも使えるBroad WiMAX2+は月額2,726円で使える安さから2016年以降、人気急上昇中です!!申し込み当日に端末を発送してもらえるので最短翌日からネットが使えるのがポイント!!さらに、Web申し込みで初期費用がまるまる18,857円割引キャンペーン中!!
arrow_red.gif キャンペーン詳細はこちら
在庫限り・2017年限定

おすすめランキング 2017年4月

※月額料金やキャンペーンを加味した2年間の総費用が安い順

rank1_mini.gif Yahoo! WiFi
業界最安値の月額1,980円で利用可能!人気のヤフーWiFi

rank2_mini.gif Broad WiMAX2+
月額2,726円で利用できるWiMAX2+はLTEも利用可能!最短即日発送で翌日から使える!今なら初期費用が無料になるキャンペーンも開催中!

rank2_mini.gif Broad EMOBILE LTE
最短で即日端末発送だから翌日から使えて月額2,856円!!

ランキングの根拠はこちら

LTE SIMカード おすすめランキング 2017年4月

※とにかく安い通信量に抑えたい方向けデータSIMのおすすめ順です。
※別途、SIMカードを挿入するためのスマートフォンやモバイルルーターが必要。なお、プロバイダーからセットで申し込むことも可能です。


rank1_mini.gif DMM mobile SIM
格安月額660円から利用可能!スマホやタブレットのセットもかなり安いです。

rank2_mini.gif BIGLOBE LTE・3G SIM
通信量月間3GBでも月額900円から利用できてお得!!人気のビッグローブのSIMカード